mahounote.

カテゴリ:思ったこと( 15 )


みどりの日

今日はみどりの日でしたね
自然に親しむとともに その恩恵に感謝し 豊かな心を育む
そういう趣旨の国民の休日

でも今日だけに限らず常にそうで有りたいなぁ



d0217189_1416879.jpg

この子はイヌイット アラスカの先住民族です

かつて 世界の各地に先住民族は暮らしていました

シャーマニズムで知られるように
彼らは大自然の中に神を感じ 精霊たちの声に耳を傾け
自然との共存共栄の営みを続けていました 
シャーマニズムはおよそ数十万年も遡ることができる
人類最古の宗教的伝統でもあるそうです

近年 科学が急速に発展し
いかに便利に そして快適にを突き詰めて今に至りました
物質的には確かに豊かにはなったけれども
かけがえのない大地はどんどんと壊れていきました
 
当たり前にあった自然 精霊が宿る森は瞬く間に姿を消し
彼らを取り巻く環境ががらりと変わってしまいました

繁栄のための科学だったはずが.....

精霊たちが宿る森 母なる大地を取り戻す為に
私たちは少しづつ 何かを変えていかねばなりません

今日はみどりの日
自然に親しむとともに その恩恵に感謝し 豊かな心を育む
常にそうであれば 取り戻すこともひょっとしたらできるかもしれない
今日はそんな風に思いました

そう言えば 日本にも秘境といわれる場所が点在していますね
南国の離島 夏でも山頂には白い雪のお化粧が施され
樹齢何千年もの杉の木々が逞しく聳え立つ
間違いなく今でも精霊たちが住み続けている場所が ここ日本にもあるようです

そんな素敵な島にお住まいの方と素敵なお約束があるのです
では紫陽花の咲く頃に.....
そんなお約束をさせていただきましたので 間もなくの始動でしょうか
とっても と~っても 楽しみでなりません♪

by lucalily | 2012-05-04 23:50 | 思ったこと | Comments(0)

embroidery

d0217189_23513190.jpg


刺繍と言えば......

幼い頃 何の変哲もない白いコットンブロード地の枕カバーには
母が時間をかけて刺繍を施してくれていました

当時から猫好きだった私のカバーの柄はもちろん猫

枕の宿命とやらで
好き好き ぎゅ~っと抱きしめられたり
わ~いわ~いとほうり投げらてしまったり
時には涙を拭かれたり
さらには股に挟んでお馬さんパッカパッカされたり
子どもの枕には それはそれは大変な苦労がありました

私には2つ上の兄がいます
かっこいいロボット柄枕が疲れてきたからと
次に用意された柄は何故かションベン小僧柄でした

向こうの岸にはこちら向きに立っている彼が
今正に名前の由来の行為をしているところでした
池をめがけてお見事なアーチが刺し施され
さらにこちら側の岸には大きなカエルの背中が....
それはカエルが見た景色でした

なんで僕のだけションベン小僧なの~
カチ(当時の私のあだ名)のはいつも可愛くてずるいよ~
ぼく こんなのい~や~だ~よ~ わ~~~~~ん
猛烈な抗議も聞き入れられず
大粒の涙に濡れるションベン小僧

時期が来ると「そろそろね♪」と嬉しそうな母がいて
多分 相当好きだったんじゃないかな 刺繍が

自分の匂いが染み込んだ大好きな枕が新調されてしまう
寂しくて 悲しくて
アパートの扉のポストに隠したり
裏庭の茂みに忍ばせたり
何とか手元に残したくて必死でした

大好きだった猫の枕
でもどうしてもその猫の模様が思い出せないのです
脳裏には池に注がれる見事なアーチ
きっとインパクトが強すぎたのかもしれませんね


写真の絵画はまだ幼かった娘達が描いたもの
造形教室に入って初の作品にしては上出来だからと
街の文化祭では真正面に飾って頂けた代物でございます♪
絵のセンスはおばあちゃん譲りでしょうか?
いつの日にか 母になったその暁には
刺し施してしまいそうな気配が
ここに有りました

by lucalily | 2012-04-17 00:11 | 思ったこと | Comments(0)

祈り

d0217189_1028384.jpg

静かな朝を迎えました


陽の光が降り注ぎ

すっきりと透き通った空気に包まれています


野鳥たちのさえずりが賑やかではあるけれど

人の気配の無い静かな朝

でもその静けさの中に

人々の心情や想いを より強く感じることができる

今日この日を迎えました


感謝をして生きるということ

さらに 生きることの意味やその使命みたいなものを

今日はしっかりと噛み締めたいと想います

by lucalily | 2012-03-11 10:59 | 思ったこと | Comments(0)

思考の場所

d0217189_15442110.jpg

久しぶりに生地を仕入れました
お花柄には迷わず飛び付いてしまいます♪

この生地でこうして~
う~ん でもやっぱり~こうかなぁ


想像している時はやはり楽しい
そんな時は
思考を頭の外に出して組み立てていきます
頭上の空中で それは生まれるのです

対人についてのことだったら
ちょうど心臓のあたり
そう 心で感じ考えます

また目の前に来ている生活する上での必須の事柄については
こめかみの裏あたり
普通に頭の中で考えて そして自然に行動
 
感じ考える場所を何箇所かに分けること 
誰もがしていることなのでしょうか?
ちょっと気になりました


さらに学習するときはどうだろうと考えましたが
ちょっと思い当たらない
どおりで......
妙に納得してしまいました

by lucalily | 2012-03-09 17:07 | 思ったこと | Comments(0)

感じる

d0217189_10552465.jpg

ボタン選びはとても重要
こんなにも雰囲気が変わってしまうからです
最初にこれで行こうと決めていたとしても
実際に乗せてみないとわからない
結局はその時の感性です

それを自分自身にも当てはめてみました
最初から決めてしまわない その時の感性に委ねる
ボタン選びと同じで どの様にでも変わり得る自分の道
怖~い でも凄~い
常に自分を高めること そして豊かな感性を養っておくことが
自分の道を歩む上での最低条件でしょう
私はまだまだ未熟です

自分を感じる 自分を信じる 自分を尊ぶ
人生半ばを迎えて 本当の意味がわかってきました♪

さて私はどのボタンを選ぶのでしょうか

by lucalily | 2012-01-26 11:34 | 思ったこと | Comments(0)

変化?それとも進化?

d0217189_10372614.jpg

気が付いたら一週間も更新を怠っておりました
いつも遊びに来てくださる皆様
ごめんなさい

さて 去年まで椿や山茶花はとても苦手な花でした
どういう心の変化でしょうか
今年から好きな花の一つになりました

昨春より自分の為の時間がぐっと増えたことで
第二の人生がはじまったかのようだと 
以前の記事にも書きました
苦手意識や 物の好き嫌いも変わりつつある
心の変化に少し驚いています

正に第二の人生 進化の時
変わりつつある自分に ドキドキしてしまいます

でも製作に関してはこれからも一緒
丁寧に 拘りを持って 妥協はしない
そして何よりも楽しむ事
だって私の天職ですからね♪



 
d0217189_11192728.jpg

昨日お庭で春を見つけました
藤袴の新芽が ほら 出てきた

春になったら会おうね と約束をしたお友達
7年ぶりの再会です もう楽しみで仕方がない
春よ~ 早く来~い

話しがどんどん変わりますが 次は製作について
一週間ほどオーダー製作に取り掛かっておりましたが
昨晩仕上がり 今日から次のセットに入ります
作りたい物 やってみたい事がたくさんあって もうあり過ぎて 
さあどうしましょう ん~ 悩みどころです
やりたい事がたくさんあるって 実に幸せな事です 
もうこの際 ぜーんぶやってみなよと
私の心が言っている気がしてきました

早めのお昼をいただいてから 始めることにしましょう♪

by lucalily | 2012-01-19 11:51 | 思ったこと | Comments(1)

感謝の気持ち

d0217189_2011321.jpg

今年も残りわずかとなりました
日本国内は勿論の事
世界中がとてもとても大変な2011年となりました
ニュースを見ていても 
あらららら~あらららら~の連続
何が起きてもおかしくない
そんな気さえしてきました

私個人としても とても心が揺れ動いた一年でした
嬉しいこと 悲しいこと 楽しいこと 辛いこと
良い事も そうでない事も沢山ありました
一つ一つの事柄をしっかりと噛み締め
人生の糧となるように 前向きに捉えていきたいと感じました

それから今年ほど出会いに恵まれた年は
今まで無かったように思います
しかも生涯の友になり得る大切な方との出会いもありました
さらにオークションを通じてご縁をいただいた方の中には
ofの事だけに留まらず お庭のことや猫の話 地域の様子などなど 
後々までも連絡をくださったりさせていただいたり
違う分野の作家さまや
いつか必ずお会いしましょうと お約束した方もいらっしゃいました
全ての方の共通点 誠実で穏やかで暖かい
そんな素敵な方々に大切に思っていただけるなんて
私は本当に幸せ者です
たくさんのご恩返しが出来るように
来年も是非とも頑張らないといけません


d0217189_23164628.jpg

今日はご近所のお友達にお餅付きに誘っていただいて
末娘と二人 お邪魔してきました
イケ旦の旦那さんとイケメンの息子くん
そして可愛らしいお友達のなんとも素敵なファミリー
楽しいひと時でした どうもありがとうね♪

お正月のお餅の用意と同時進行で
来年の一作目も出来上がりました
個人的にはボーダーカットソーがお気に入りでして
lilyさんにも作ってあげたくなりました
大きなポッケやネックのボタン飾りがツボでした
出品は1月5日の予定です

明日は忘年会で東京へ
二人の娘は 人魚やアラブの姫に出会える夢の世界やら
昔からクレープが有名なあの街やら
人ごみが大の苦手な母を 人ごみの中へ引きずり出す計画を立ててる模様
恐ろしや~ ああ恐ろしや~
でも常に全面協力体制の娘達 時には娘孝行も大切ですから
自ら人ごみの中へ飛び込んじまう覚悟です (頑張れ私)

そんなこんなで
今年も大変お世話になり ありがとうございました
どうぞ 良いお年をお迎えくださいませ♪
Lucalily

by lucalily | 2011-12-28 23:55 | 思ったこと | Comments(0)

cherry berry pink

d0217189_153532.jpg

cherry berry pink

鮮やかなのに深~い 
そして美味しそうでもある大好きな色です

この上質なループツイード地は
かつてオートクチュールのアトリエを営んでいた
義母に譲って頂いたものです
着分でも十数万 
仕立てた物になるとその何倍ものお値段が付きました
そんなお品物でも飛ぶように売れた時代もあったようです

数年前に体調を壊し一線を退きました
その時 自分の扱っていた一切合財を
嫁の私に譲ってくださいました
その中にあった大切な生地です

義母はいつも可愛らしくて 少女のまま大人になったかの様な純真な方
かと思えば 強靭な意志 行動力 常に前向きで爽やかで

そして何よりも ずば抜けた技術 
それは神業でした
正に「魔法の手」をお持ちでした

今となっては針を持つ事もままならないのですが
時々お会いした時には
その「魔法の手」をつい抱きしめてしまうのです

私の作品のそこかしこに
そんな義母が扱っていた大切な生地が含まれています
しかし今の私には
こんなに上質な生地を扱う技術はありません
ですから丁寧に丁寧に仕事をするしかないのです
宝同然のこの生地達が泣く事が無いように
精一杯向かい合うしかない様です

あこがれの「魔法の手」
いつかこの手にもそんな力が宿るように
日々頑張るしかないですね

義母とのご縁に感謝をして
これからも精一杯やってみようと改めて思いました



ありがとうお義母さん♪

by lucalily | 2011-12-20 21:49 | 思ったこと | Comments(0)

d0217189_15513863.jpg

数日前の朝の空
お洗濯物を干す手を止め
思わずカメラを取りに走りました

こちらの方からあちらの方へ
止まることは 決してなく
どんどん雲が流て行きます

見ることができない「時」という物を表現してみたら
こんな感じになりますでしょうか

止まることは 決してなく
どんどん流れて行く
今と言った今は もう今ではなくて
それは既に過去であって
今がどんどん行ってしまうのです

私の頭上を流れて行くたくさんの雲
そして「時」

そんな風に考えてみたら
少し焦ってきてしまいました
すぐに過去になってしまう今の瞬間を
もっと真剣に もっと大切に 
過ごさないといけませんね

上の写真の方向は過去
そして未来の方向の空はこんな感じ
d0217189_16242230.jpg

どことなくエネルギッシュでしょ
何だか わくわくしてきました

by lucalily | 2011-11-19 16:35 | 思ったこと | Comments(5)

個性

d0217189_10535664.jpg

洋梨が好きです

それぞれに個性があって 
どこか哀愁漂う 独特な雰囲気

でこぼこだったり つるんとしていたり
ぶつぶつ模様や 淡い色の子
どの子も決定的に違うのです

でも どの子も絶妙なバランスを持っていて
どの子もとても素敵なんです

そこに居てくれるだけで
優しい雰囲気をかもし出してくれる様な
大きな存在感を感じます

でもね
ついいつまでも大切に飾ってしまって
食べ頃が過ぎてしまう

欠点と言えばそれぐらいでしょうか





考えてみたら 人に対しても同じですね
それぞれの個性 そして存在感
みんな違っていて またそれがいい

しか~し 
二人の娘を大切にし過ぎて 
お年頃を過ぎてしまわぬ様に
気を付けなければいけません

by lucalily | 2011-11-02 11:04 | 思ったこと | Comments(0)